新穂高温泉③

こんにちは!

前回の宝山壮別館から移動し到着した場所は「ちろり庵」になります♪

P1230041.jpg


正面玄関にいる番犬?!
人懐っこく可愛い柴ちゃんでした!

P1230042.jpg


入浴料金を支払い奥にある今回の目的貸切りへ向かいます。

つららを見ると冬の季節はやっぱり冷え込む場所と実感します。

P1230045.jpg


いくつかある貸し切りから選んだ場所は「いやしの湯」です!

P1230046.jpg


脱衣場は広々していてグループ入浴でも問題なく使えると思います。

P1230048.jpg



ドアの向こうにあるのが露天風呂です!

ねっ!

いい感じの露天風呂で楽しく入浴できそうですよね!

P1230049.jpg


P1230050.jpg


P1230140.jpg


天気は変化なしの曇り空で駐車場に着いた時の気温もそのまま2度でしたので冷え切った空気の中での入浴となり露天風呂の湯が気持ち良かったです!

P1230051.jpg


P1230055.jpg


つかっているとそれなりに身体は温まってきても外気が寒く頭からの汗はほとんど無くのんびり温泉を楽しむ感じです。

P1230060.jpg



ここの湯質ですが「湯の花」はそのままリアルで露天風呂の下に溜まった湯の花が湯が動くと同時にまさに花の舞い散る感じで写真に撮るとこんな感じです!

P1230157.jpg


P1230150.jpg




ここでは他の方々の視線は当然ありませんのでどこの場所でポーズをし自分はどこの場所からレンズを向ける!

そんな事を考えながらの入浴は露天風呂ブログの宿命とも思います!

P1230071.jpg


さてここで写真撮りに専念したくあやちゃんに色々指示を出します。

P1230073.jpg


P1230091.jpg


自分で撮っていて思うのは全裸での手で隠す仕草って身体のラインが見えて色気といやらしさの追求かと?

P1230097.jpg


逆にタオルで隠す仕草は違った意味での女性らしい雰囲気が出て好きなんですが今回は「手ぶら」メインで撮って見ました!

P1230101.jpg

"https://blog-imgs-118.fc2.com/d/a/d/dada66246624/P1230106.jpg" target="_blank">P1230106.jpg



小道具を使うのも楽しく感じると思いませんか?

P1230083.jpg


P1230088.jpg



こんな感じで隠すのは初めて撮ったと思います!

P1230062.jpg




あやちゃんに撮ってもらった自分の姿ですがやっぱり露天風呂には女性の方がいいですよね?!

P1230148.jpg


このあたりでやや天候が変化し小雨に雪混じりになってきました!

P1230112.jpg




この後は雪になるのを期待する自分がいますがここであやちゃんファンお待ちかね!

ちょっとですが素敵なあやちゃんをお楽しみ下さい♪

P1230123.jpg


P1230127.jpg


P1230130.jpg


P1230133.jpg


P1230136.jpg


P1230138.jpg


P1230145.jpg


P1230147.jpg


P1230152.jpg




露天風呂の女性ってホントいいですよね!




普段は入浴しても3軒が限界ですがまだ体力が残っている2人なので最後に久しぶりに入浴したい場所がありその場所に電話確認するとOK!との返事でこの「ちろり庵」を後にします。



名残おしく着替えた後に露天風呂を背景にもう一枚!

P1230154.jpg



次が穂高遠征の最期になりますが今回はここで終了!






暫くは「気ままに更新!」になります♪








とおる

スポンサーサイト

新穂高温泉②

こんにちは!

前回の槍見館から移動して向かったのは「宝山壮別館」です♪

P1220891.jpg


この一帯の混浴露天風呂の中でも2人とも大好きな場所になります。

理由は当然よく清掃されていて湯がとてもきれいな露天風呂だからです!

あやちゃんの後ろの建物が混浴露天風呂になり脱衣場は小さめで風がそのまま抜ける感じなのでさっと服を脱ぎかけ湯してそのまま露天につかるのがポイントで広さも決して大きくないのですが湯質と湯温はホント最高です♪

P1220892.jpg

P1220893.jpg


他の場所の混浴露天風呂は様々な方が入浴されていますがここは何故でしょう?!

ほぼ貸切りでの入浴になりブログ用の写真も色々な角度からゆっくり撮る事ができ自分にとっても格別な露天風呂です。

P1220895.jpg


P1220902.jpg


当然ですが今回もかなりの枚数の写真が撮れました!

P1220903.jpg


入浴しながら写真を撮り熱くなれば穂高の気持ちいい風が身体を冷やしくれます。

P1220904.jpg


どこかのサイトで見かけた露天風呂でのポージング集?があり数枚ですが参考に写真を撮ってもみました!

P1220913.jpg


P1220919.jpg


いつも思うのですが魅力ある身体つきなのでレンズを向けていると楽しなります。

P1220925.jpg


P1220927.jpg



あやちゃん曰く会社の20代の女性から「美魔女!」と言われたと!

自分から見ても艶やかさもあり若い頃より女性としての色気も増していると思います。

そんな色気のある身体を自分なりに写真にしたい!

そんな気持ちでの写真撮りって飽きる事がありません。

P1220937.jpg


P1220939.jpg



約1時間のんびり景色を見たりの楽しい時間でした!



さ~!


ここで一気に可愛いあやちゃんタイムとしお楽しみ下さい♪

P1220945.jpg


P1220946.jpg


P1220961.jpg


P1220963.jpg


P1220968.jpg


P1220975.jpg


P1220980.jpg


P1220983.jpg


P1220991.jpg


P1230003.jpg


P1230010.jpg


P1230017.jpg


P1230026.jpg


P1230030.jpg


P1230033.jpg


P1230040.jpg





次に向かう場所は混浴ではなく貸切り露天風呂でゆっくり入浴目的になりますが今回はここで終了!






今しばらくお待ち願います♪








とおる



新穂高温泉①

こんにちは!

今回ご紹介する入浴は昨年12月中旬になります!

かれこれ約10年前から夏と冬に1回づつ露天風呂を楽しみたくなり向かうのが「新穂高温泉」になります。

最初の頃は比較的時間の調整がきき宿泊をしていましたがここ数年は日帰り強行日程での露天風呂愛好家としての遠征です!
もういいかな?と思いながらもやっぱりここまで来てしまうのは湯質もいいけど景色とかトータル面で素晴らしい露天風呂の宝庫と覚えているからだと思います。


当日の天気は曇りで到着時点の外気温は2度!

20171216_110730.jpg


それでも風がなかったので露天風呂には最適な日でした!


中央高速から長野道へそこで朝食になり普段の朝では食べる事はない「コロッケカレー・生姜焼き定食」でこれからの露天風呂への体力を付けます。

P1220866.jpg


P1220865.jpg


松本IC降り右折すれば後は道なりにハンドル操作で到着と言うのがここ新穂高です。

自宅から現地までナビを使わなくてもほぼ予定通りに到着できるのは勝手知ったる道って事ですね!


安房峠(トンネル)を抜けると周りの景色はすっかり雪景色になりこの後はまだまだ山奥まで車を走らせるので「雪の露天風呂」今回も間違いなく期待でしますね!

P1220867.jpg




いつもの現地集合で待っている方はこの一帯の露天風呂巡りをエスコートしてくれる素敵なおじ様「露天風呂コンシェルジュ:八っちゃん」ですが今回は前夜に急遽「穂高へ行かない?」こんな感じでしたので声をかけないで遠征してきました!
八ちゃん→ごめんない♪



今回の新穂高シリーズは全4回に分けてのご紹介になるので終了までのんびり更新したいと思います。



この一帯数多くある露天風呂の中から選んだのは「槍見館」この地域で混浴露天風呂と言えばここは外す事が出来ないとも言えます!

P1220868.jpg


P1220869.jpg


向かったのは12月で雪の露天風呂を目指して向かうもののここ数年の穂高の雪景色はもっと遅く途中の道も露天風呂の周りもまだまだ雪が積もるには遠い感じがします。


入浴料金を払い選んだ風呂はもちろん混浴露天風呂「まんてんの湯」男性用の脱衣場のカゴは2人の衣類があり自分もさっと服を脱ぎ露天風呂へ向かいますが先に入浴している男性2人の姿がなくよく見ると女性脱衣場の真正面に陣取っています?!

P1220871.jpg


自分も男なので気持ちは理解しますがさすがに顔からも何か?

独特な雰囲気がにじみでています。

P1220872.jpg


P1220876.jpg


あやちゃんと2人で場所移動しながら見えない角度で入浴しながらしばし雑談しているとあやちゃんの人気かな??

3名の男性入浴者も追加となり合計5名の単独男性の中でのブログ用の写真にはキツイ状況になってきました!

P1220878.jpg


しかしここで諦めたら露天風呂ブログの継続に支障をきたします。

P1220880.jpg


P1220890.jpg


追加入浴の男性陣にも写真をお断りしてから自分はカメラを構えあやちゃんはポーズを決めますがあやちゃんの顔が苦笑いなんです?!

P1220885.jpg


P1220886.jpg


P1220889.jpg


数枚撮った段階で小声で「ガン見しすぎで無理!」あやちゃん協力あってのブログなので当然ですが写真はここで終了し約20分程度の入浴で槍見館を後にしました!



次に向かう場所はこの一帯の混浴露天風呂の中でも1番大好きな場所になりますが次回の更新までお待ち下さい♪




とおる


万座プリンスホテル(復活祭②)

こんにちは!

天気は快晴でしたので車を降り撮って見ましたがこんな写真が自分は好きなんです。

P1030240.jpg

4WDのスタッドレスおまけに金属チェーンがあるので人が存在する場所ならばほとんどの所まで移動できます。とは言っても途中から天気は急変!!

地吹雪で全く前方の視界がなくハザード点滅し超スローペースの運転で到着したのは「万座プリンスホテル」です!

外気温は「-12度!」駐車場に到着しドアを開けると外は吹雪で車内には雪が入り込み
凄い事になっています。

*この時の外気温が露天風呂入浴時の最低気温と記憶しています。


寒すぎて建物前での恒例の記念写真は諦めました!

楽しみにしていた混浴露天風呂ですがこの吹雪の中入浴している方は内風呂から覗いても数名だけです!

露天風呂グログ継続の為2人とも頑張って露天風呂へ向かうもののあまりに寒さでそのまま露天風呂へ飛び込みますがここまで寒いと湯温の熱さと顔面への吹き付ける雪の痛さで何が何だかやっている事がわからなくなります?!

テレビでよく見る光景 → 濡れたタオルはあっという間に氷つきます!


ちなみに晴れているとこんな感じです。
ある旅行サイトよりコピペ♪

8e599b5a1ca0245878efd39eae3242d2cf2a1914_47_1_26_2.jpg


吹雪の中での入浴なのでカメラ選択は「防水コンパクトカメラ」この選択は間違っていませんがあまりの寒さでフル充電したバッテリーは外気温低すぎで「要充電:赤ランプ」の半分誤作動?普通の性能を発揮できません!

寒さの限界?

女性の入浴者は「0名」で数人の男性入浴者のみ!

P1030228.jpg


その男性陣に断って最初は普段は公開しない写真を撮り始めても雪が全体に写り込み白斑点模様の写真ばかりでいつもと違った写真になっています!

P1030234.jpg


P1030236_2018020907052021e.jpg


いつもはツーショット写真の為に三脚をセッティングでも今回は撮って頂きました!

P1030239_20180209070521c8f.jpg


硫黄泉のいい湯質でしたが15分程度でギブアップし男女別々の大浴場へ移動し身体を温め万座から脱出しました!

その時の混浴露天風呂の遠征は有名どころを2か所と観光地を巡りました!

ただ露天風呂ブログ継続の為にはどうしても写真が必要とわかっていましたが1軒目の入浴者の多さと2軒目の極寒でカメラを思うように使えず途中で写真を諦めました!



本年度中には再度トライするつもりです♪




とおる

宝川温泉:汪泉閣(復活祭①)

こんにちは!


露天風呂巡りのブログでも中にはボツ記事もあります。

その理由は思うような写真が撮れなかった!




今回はその中から復活祭と称してのご紹介で記憶をたどりながら記事にしたのは「宝川温泉:汪泉閣」になります♪

この時は3回目の入浴で目的はもちろん混浴露天風呂です!


別々の脱衣場でさっと服を脱ぎあやちゃんを露天風呂で待ちますが男性が女性脱衣場から露天風呂への入口付近で待機入浴している姿は他から見るとワニさんの「脱衣場ドア正面待機組」だったと思います。



有名な場所なので他の入浴者も多くどうブログ写真を撮るか?

今は身体を隠す仕草で撮っていますが当時はそのまま全裸での写真が多かったのも思い出のひとつかな?!

P1030017.jpg



周囲の方に断りカップルご夫婦さんは背景に写らないように単独さんは写ってしまうが見ててもいいですよ!


見知らぬ方が写っている写真も見返すと楽しい写真ですがブログ公開時ではこんな写真加工になっています。

P1030060.jpg


ただどう撮っていても注目の的(注①)になりここで写真撮影は断念しました!



それでも少しだけ撮った中から抜粋しての紹介になります♪

P1030052.jpg


P1030069.jpg


P1030021.jpg


ねっ!


ホントにこれで終わりなんです!




いい湯と広い露天風呂なのでそれなりに楽しめましたが人の多さで何かが違うのか?

1時間程度の入浴で次の場所へ移動しました!

(注① )あやちゃん曰く→男性の視線より女性からの視線は苦手との事♪




とおる

プロフィール

悪魔の宇宙人

Author:悪魔の宇宙人
露天温泉(貸切り・混浴)をこよなく愛する40代後半の夫婦の日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

妻フェチのおやじブログ

あさぎブログ

妻が一番

お洒落だなと想うこと 混浴編

元ヤリマン嫁ちゃん 盗撮日記

恥写真綴り。

HIRO&EMIのちょっとエッチな九州混浴巡り+露出日記

あい&たかたか まったり日記

未知への軌跡 【混浴・滝巡り・露出そして・・・】

次郎のお気に入り

混浴みう散歩

サブロー&マーちゃんの混浴探検隊

ひとみの誘惑

ひで&み~チャンの楽しいデート

温泉大好き!混浴旅!~MAMIの混浴日記~

ねこ日和

もののふのへや

彼女がいる風景 ~Second Season~

のび太夫婦の色々雑記帳

ぴろりんの日記

SとKの交換日記

熟年夫婦の秘密の小部屋

Sexy Mu

混浴と外遊び

イケイケ夫婦のエロ日常なう♪

☆Mr.唯☆の美BODYメイク エクササイズ日記
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR